子宮筋腫の症状・原因・痛みは

子宮筋腫の症状・原因・痛みは

子宮筋腫の症状

 

子宮筋腫の症状について

 

成人女性の5人に一人は発症すると言われている子宮筋腫は、必ずしも悪性ではない腫瘍がその原因です。

 

もっとも、悪性でないとはいえ、子宮内に腫瘍ができて問題なしで済むわけではなく、便秘や腰痛の原因になります。

 

更におしっこが近くなる頻尿や生理時の大量出血なども症状の一つです。

 

しかし、子宮筋腫の症状として一番深刻なのは不妊や流産ではないでしようか。

 

不妊治療を考えている女性の中には、その理由が子宮筋腫であることが少なくありません。

 

また、筋腫ができる場所によっては外部からわからないことも多く、怪しいと判断されて検査をしても発見できないケースも少なくありません。

 

 

子宮筋腫の原因

 

子宮筋腫の原因ははっきり言って分かっていません。

 

そのため、治療方法も対処療法になるざるを得ないのです。

 

ピルなどの薬で筋腫自体を小さくすることは可能ですが、ピルの副作用として太りやすくなることは知られている通りです。

 

また手術で筋腫を取ってしまう方法もありますが、膣から子宮鏡を入れて取る方法であればともかく、開腹の方法は危険が伴います。

 

漢方のドクターによれば、骨盤のひずみが原因であることが多いと言われていて、現実にこれだけで子宮筋腫の使用上が改善されることも少なくないようです。

 

 

子宮筋腫の痛み

 

筋腫ができた場所によっては痛みが伴いますが、まったく痛みも感じずに症状自体がない人もいます。

 

そのため、潜在的な子宮筋腫の女性は少なくないと言われます。

 

しかし、何らかの事情で子宮筋腫が顕在化すると、子宮筋腫の痛みが生じることがあります。

 

しかしその痛みは生理時に子宮内が変動することによる生理痛などと同時におこることも多いため、最近生理痛がひどくなったと言う人は子宮筋腫を疑ってみる必要があるかもしれません。

 

腰痛の原因にもなるためわかりにくいのが現実です。

 

最近は女性の初産の年齢が高くなっており、女性によっては出産の機会がないことすら珍しくありません。

 

子宮筋腫になる原因は昔より格段に増加していますので注意が必要です。

 

子宮筋腫の改善法に関しては、長谷川まりこの子宮筋腫改善法がおすすめです。

 

長谷川まりこの子宮筋腫改善法は、子宮筋腫・卵巣のう腫・子宮内膜症・子宮腺筋症を自宅で改善するために作られています。

 

生活習慣や食生活改善を変えることで、女性が本来持っている自然治癒能力を高めて、子宮筋腫を改善することができます。

 

参考にしてみてください。

 

http://xn--28j8dob9k8b6dwa1j6e4181bu6walj7jseza.com/