肌の乾燥を防ぐ方法

 

肌の乾燥でお悩みの方に肌の乾燥を防ぎ、肌を若返らせる方法をお教えします。

 

あ〜かゆい、かゆい。そして患部は粉を吹いてカサカサ状態。

 

化粧のりも悪くなり、化粧するのも憂鬱。乾燥対策になるのか、なるべく化粧の時間を減らしてみたところ、突然の来客に気落ち。

 

今回はそんな肌の乾燥でお悩みの方に肌の乾燥を防ぐ方法を紹介します。

 

 

乾燥状態は超敏感

 

ご存知でしたか?肌が乾燥していると外部からの刺激を受けやすくなること。

 

乾燥対策に力を入れてもなかなか効果が表れないのは、これが原因でしょう。

 

「乾燥」、この状態は少しの刺激にも敏感に反応してしまうのです。

 

あ、そうかも!と思うような例、普段は気にならなかった下着のしめつけ部分。

 

かゆくなりますよね?衣類のチクチク感に異常にかゆみを感じますよね?

 

それは乾燥の状態がそうさせているのです。

 

 

 

かゆいかゆい、かくからさらに悪循環

 

ん〜もうかゆい!かいてしまいますよね?

 

いつも以上に感じるかゆみにイライラ、ついかき過ぎていると思います。

 

経験あると思います、その結果炎症を起こしたり、湿疹化を招いたこと、悪循環です。

 

 

 

まずは乾燥肌を防ぐ必要

 

肌の乾燥を防ぐ方法、ポイントは皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質、この3つの物質を安定に保つことにあります。

 

どれか一つでも働きが衰えると乾燥状態を引き起こすのです。

 

この3つの働きが人の生活の中で一番乱れるのは何だと思いますか?

 

あなたが一番乾燥を感じる、あの瞬間。そう「お風呂」です。

 

入浴中に天然保湿因子やセラミドの細胞間脂質が浴湯中に流出。

 

お風呂上がりの乾燥に繋がっているのです。

 

しかし、入浴中は角質層がゆるみ、浸透性が高い状態でもあります。

 

つまり、保湿成分配合の入浴剤の使用で予防できます。

 

肌の乾燥を防ぐ方法、入浴剤の使用です。

 

また、お風呂上がりの乾燥防止にもっとも大切なことは、保湿力の強い化粧水を使うということです。